ブリオッシュレースの本買いました〜

「棒針編み大全」、Amazonで頼んであるのですが、Twitter見てると届いたーと言う方や、本屋さんで購入した方などの報告がされています。

うちにはまだ届かないんだけど、まだかなーと思って、待ちきれなくてつい、別の本を買ってしまいました。

「ナンシー・マーチャントのブリオッシュレース」
西村知子 監修
誠文堂新光社

色を楽しむのもありだし、素材を変えて楽しむのもいいなあ♡

西村知子さんの本が増えていくわ〜。

初めてブリオッシュ編みをしたのは、2016年のkeitoでのハヤシ千晶さんのWS。

『浅草橋Keito WS ブリオッシュ編みのカウルが編みあがりました〜。』
おはようございます。さいたま市 北浦和 棒針編み・かぎ針編み「私にも編めた!」と言えるようになる編み物教室時間の森工房の いいづか ゆき です。昨日、浅草橋に…

その時はネックウォーマーみたいな作品だったので、輪で編んだんですよね。

今回の本に載っている作品は輪ではないので、端の始末とか興味津々です。

ブリオッシュ編みは、2枚を両表にして合わせ、一度に編むって言うイメージなんですよねー。

ニット工場の機械編み的な。

ニット工場の機械って、ズラーっと並んだ針が2列になっているんです。それで、ゴム編みなど、両面が表面に見える編み地ができるんですね。

棒針編みしている時も、そのイメージで柄の成り立ち(組織)を考えてることが多いです。理屈としてわかりやすいんですけど、一般的でないのが残念です。

この本の表紙のナイチンゲールと、最後のセイヨウナツユキのショールが編みたいな(^^)

ワクワクします(^^)♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました