教室 棒針編み かぎ針編み

北浦和教室 蒸気アイロンをかける時のピン打ちの仕方

とっさにいいものがなくて、教室内で撮った写真です。

身頃や袖が編み上がったら、蒸気アイロンをかけます。
写真のように、ピンは斜め45度くらいに刺して、編み地の端を広げます。

アイロンの底は熱くなっていますので、ピンの頭に当てないようにしてくださいね。
溶けちゃいます。

私が学校で習ったのは、実物大の製図に当ててピン打ちするというものでした。

でもそんな大きなアイロン代は家庭にはないので、寸法通りになるように少しずつピン打ちして、蒸気が乾くまで放置、を繰り返すしかないのかなあと思っています。

このように蒸気アイロンを当てておくと、仕上げが楽ですし、サイズ通りに出来上がります。

ピン打ちまでしないとしても、編み地の全体から端まで蒸気をかけて、指先で丸まった端を広げておくと良いと思います。

蒸気が乾くまで放置しておいてくださいね。

 

Mさん、2個目の初級コースの課題のバッグが出来上がりました!

最初、課題に取り掛かるときにこの色で始めたのですが、どうにも見えにくくて、色を変えて1つ目は完成。

この色のバッグは復習を兼ねて編んだものです。

2回同じものを編むと、1回目より子持ちに余裕があるので、いろいろ気づくことがあります。

Mさん、自分の編み方の癖や思考の癖に思い至ったようで、いろんな意味でレベルアップした様子でした。

 

こちらはTさんの巻きノット柄のスヌード。

棒針編み初級コースの課題です。

リッチモアのアルパカレジェーロ グラデーションで編まれたのですが、1玉でできちゃいました。

ハマナカ ソノモノ アルパカウールだと3玉使うんですよね。

すごく綺麗な色でうっとりしちゃいますね。

この糸、すごく柔らかくてふんわりしていて素敵な糸なんです。

余った1玉でお揃いの帽子を編まれるそうです。

楽しみです(^^)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました