教室 かぎ針編み

銀座教室 細編みの表編みと裏編みは結構違う。

土曜日の銀座教室は3人がお休みでしたので、マンツーマンのレッスンになりました。

これはかぎ針編み初級コース、2つ目の課題、細編みの丸底の小物入れです。

底部分はお教室でレッスンして、側面をおうちで編んできてくださいました。

そしたら、編んでいるうちに、いつの間にか表と裏が入れ替わってしまったようなんです。

ピンクのところは側面1段目は表が表ですが、2段目からは裏が表になっています。

赤の部分はお教室で編んだので表が表になっています。

期せずして、丸いフォルムになりました。

ずっと表だけ、ずっと裏だけと編んでいくとこのように編み地に丸みが出ます。

表が表になった場合は反った感じに。

裏が表になった場合は膨らんだ感じになります。

それにしても、こんなに可愛くなるなんてびっくりでした。

 

銀座教室の生徒さんも、おやすみの場合はオンラインレッスンが使えますので、進めておきたい方はご利用くださいね。

→生徒さん用オンラインレッスン詳細はこちら

 

この日は雨で、生徒さんもお休みが多かったのでなんとなく寂しい気分でお教室を後にしたのですが、途中でMIKIMOTOのショウウインドウが夕方の薄暗い空気に、明るく優しげな光を投げかけていました。

 

パールの優しいマットな光沢と、白や淡いピンクベージュの花とグリーンが、なんだかホッとさせてくれました。

熱っぽいとか、体調がちょっと気になる、家族が心配、電車が不安。

いろいろありますけれど、そんな時は先ずお休みしてください。

私もお休みさせていただくことがあります。

いろいろあるけど、頑張りましょうね。

私にできることはまだたくさんあると信じて。

まだまだ皆さんに、編み物楽しんで頂かなくっちゃ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました