日々のあれこれ時間の森工房作品

デザフェスVol.55に行ってきました!

5月21.22日と、東京ビッグサイトにてデザインフェスタというクリエイターのイベントがありました。

デザフェスは「すべての『自由に表現できる場』」「オリジナルであれば無心さでどなたでも参加できるアートイベント」。

審査はないのですが、人気でコロナ前は抽選だったんですよね。

コロナ前は出店者数4000組以上だった位、大きなイベントです。

全国からいろんなクリエイターの方が出店していて、ハンドメイドしかり、ダンスやペインティング、コスプレ、なんでもありなお祭り(私的に)です。

私も過去1回出たことがあります。(写真は一番最後に)

いつも知り合いの作家さんや、好きな作家さんが多数出展されるので楽しみに行っています。

前回、11月に引き続き、姪っ子と一緒に行ってきました〜。

 

そして、

今回は私のデザイン提供したバッグフラップがお披露目でしたので、ちょっぴり出展者側的な気持ちもありました。

「おうちビジネス研究所(うちけん)」さんで作られているcomboポシェットの着せ替えフラップ(ふた)です。

前日出来上がりだったので、前もって写真がなかった(当日時初めて見た)ので、Twitter以外ではお知らせできませんでした。

こんな感じです〜。

これ、生地に印刷されているんですよ!

すごく鮮明で、細かい線も潰れることなく綺麗に印刷されていて感激でした!

印刷って感じしないですよねえ。

こちらで購入できます。
Combo公式ショップ 「Ribbon dressing」

 

こんなふうにディスプレイされていました。

このフラップ、作家さん制作のものやコラボもの、無地などで100種類以上あって、まあ見応えたっぷりだったんですよ〜。

 

フラップに使ったドイリーは、2013年のAJCクリエイターズコレクションという公募展で入選をいただいたものです。

が、これって飾る以外に使うところがなくてですね、箱の中にしまいっぱなしなんですよね・・・

それで、このフラップの企画を聞いたときに、これを持ち歩けるようにプリントするのがいいんじゃないかって思ったんです。

本当に素敵に作っていただけて、ありがたかったです。

自分では縫えないですから。

 

うちけんのうちこさん、私、たかはしあや先生
ちょうど色合いがお揃いみたいになってました。

 

そしてですね、この着せ替えフラップのバッグはポシェットという小ぶりのサイズ(私が手にしているサイズ)ともう少し大きめのショルダーというのがあり、この大きめサイズも今回初お披露目だったんです。

私は早速買いました。

ポシェットは私の分厚いお財布にはちょっと小さかったので・・・

もちろん分厚いお財布も入るので、このポシェットでデザフェスに出掛けたわけですが、私は元々荷物を1つにしたいタイプなので、もう少し容量が欲しいなと思っていたんです。

帰りに入れ替えて、このショルダーで帰りました。

なぜ買ってすぐに入れ替えなかったのか・・・と後悔するほど快適でした。

 

上の画像だと、フラップに対して、バッグの口が横広がりに感じますが、分厚く重い財布を入れると下に下がって口が小さくなり、フラップがちょうどいい感じになりました。

ヘビロテ決定ですねえ。

このバッグに、私のレース編みのフラップつけるの楽しみです。

他の作家さんのフラップも取り外して使えるので、いろいろ楽しめて、いいですよ〜。

私もわざわざたくさん編まなくても良いので、また新しいデザインで作れたらいいなと思います。

こちらで購入できます。
Combo公式ショップ 「Ribbon dressing」

 

ここから、デザフェスでお迎えした品々をご紹介しますね。

まんまることりの のこのこさん。

キクイタダキという小鳥をお迎えしました。

日本で見られる野鳥としては一番小さいらしいです。

頭に菊の花びらを載せているように見えるのでこの名前だそうです。

のこのこさんと(^^)

 

こちらは、可愛いの魔術師 まりとみさん。

この小鳥は「はとちゅん」という名前だそうです。

まりとみさんはいつも元気で、エネルギッシュで大好きです。

作られているものも、キュートなものから私のような大人も使えるものまであります。

 

こちらはてべっとさん。

プラパンに色をつけてアクセサリーにされています。

この色がとっても綺麗で、繊細で好きなんです。

いつもTwitterで拝見しているのですが、初めて実物を見て、感激でした!

 

こちらはm.i*n.i*さん

おうちで育てたお花や切り花をドライフラワーにして、レジンに入れてアクセサリーを制作されています。

ソイキャンドルという韓国発祥の可愛いキャンドルも制作されていました。

m.i*n.i*さんは、さいたま市大宮駅東口でハンドメイドと雑貨のお店もやっていらっしゃるんですよ〜。

可愛いことりのチャームをお迎えしました。

 

菓子工房 osannji time.(オサンジタイム)さん。

私はオサンジさんのレモンケーキとタルトが大好き!

ほぼイベント出展か、時々通販(minne、creema)での販売です。

なので、ここぞとばかりに買いました!

(たくさん買ったパウンドケーキは知り合いの作家さんに配ったので、ここには写ってません)

姪っ子の家はクッキーが好きとのことでクッキー缶を購入していました。

 

こちらは近藤 朱(こんどうあか)さん。

透明水彩で動植物の絵を描かれています。

刺繍の作品やキットもあります。

私はお花と小鳥が好きで、画材も水彩画が一番好きです。

なのですごくツボなんです。

今回は持っていない絵柄のポストカードを買ってきました。

お腹がぷっくりしていて、どの子もほんと可愛いし、王冠がたまりません。

日本画風の構図もとても素敵です。

余白に気を使って描いていらっしゃるそうです。

いつか原画をお迎えしたいものです。

 

こちらはやましなさん

姪っ子がすごくファンで知りました。

白文鳥さん、可愛いですよね〜。

前回買わなかったポストカードを購入しました。

 

こちらはきんいろひとでさん。

とっても優しい色合いでイラストを描かれています。

私は絵の中に人がいるのが苦手なのですが、きんいろひとでさんのは大丈夫なんですよね。

ご本人にその話をしたら「植物の雰囲気で人を描いているんです」と言われて納得しました。

はかなく消えそうな色がなんとも言えない優しい気持ちにしてくれます。

作品は主にハンカチや巾着、ポーチ、レターセットなどあったのですが、ポストカードを購入しました。

 

以上が私のお迎えした品々です。

振り返ると私にとってのデザフェスは、好きな作家さんに会って、好き!と伝えにいく旅だったなと思います。

すごく嬉しかったし、幸せな気持ちでした。

ずっと作品を見たいから、皆さんお元気で制作を続けていて欲しい!と心から思いました。

 

さて、2015年11月のデザフェスvol.42の時の私を記念に置いておきます。

7年前?

1時間くらいしか寝ていなかったのと、極度の緊張で顔が固まってますね。

スカートも持っていったのに履き替える元気がありませんでした・・

デザフェスは本当にお祭りで、楽しくて大好きですが、これが最初で最後の出展です。

次回は11月かな、またたくさんの作家さんに出会えるのが楽しみです(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました