棒針編み時間の森工房作品

Opal毛糸ブルートパーズのセーターが出来上がりました!

Opal毛糸のセーターがやっと出来上がりました!

今までの顛末はこちら。

メリヤス編みしたらただのボーダーでガッカリした話。

まだまだ柄を検討している話。

Opal毛糸1本でセーター編んでみたいと持って、2022年11月の構想から出来上がりまで2年ほどかかりました。

結構かかりました。

途中でレポしようと思っていたけど、やっぱり棒針3号は時間がかかりますね。

(途中で飽きて時々他のものも編んでましたけど)

毛糸:Opal毛糸 KFSコットン #KFS192 ブルートパーズ 3玉、#KFS213 グレー 1玉
棒針:3号、1号

表裏がない形になりました。

糸の色変わりの段数が編み地の幅によって違ってしまうので、最初の方は身頃を編みながら柄を考えていました。

柄が決まったら後は同じ柄で編み進めました。

肩はまっすぐ。

広げるとこんな形です。

ゴム編みの端はいつもの鎖編みで始末し、やさしい雰囲気にしました。

この糸は色が綺麗だったので、セーターにしたい!と思ったのですが、メリヤスで編んだら思ったより色が濃くて、普通のボーダー・・・

Opal毛糸は細かく色が変わると思ってたので予想外でした。

そんなところからスタートしたセーターでした。

メリヤス編みのセーターだと、大体4玉くらいででき上がるらしいので糸はブルートパーズ3玉、単色のグレーを1玉用意していました。

編み地を引き上げ編みにしたせいでゲージが詰まって、全体に小さめの出来上がりになりました。

簡単な形で編んでみたかったので、見頃もまっすぐ、袖もまっすぐの形にするハズでした。

袖のブルートパーズの部分は長く編んで、グレーのゴム編みは3m程度にする予定。

でも糸が怪しくなってきたので、袖下は斜めにしてギリギリまで編み、袖丈の残りの部分をグレーでゴム編みにしました。

ゴム編みもギリギリで、ドキドキしました!

そんな訳でコンパクトな出来上がりになりました。

気心地は悪くないのですが、袖ぐりのところの皺が見た目に宜しくない感じです。

このT字のタイプのセーターは身頃、袖にゆとりがあって、糸も柔らかめのくったりするようなものが向いているな〜と思いました。

これを踏まえて、再度挑戦したいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました