棒針編み

今年もMystery Knit Along、Mkalの季節がやってきました!

 

今年もMKALショールの季節がやってきました!

 

amirisuさんの2023MKALは「ケルン大聖堂を歩く」がテーマです。

9月15日(金)15:00に1回目のパターン配布があり、その後毎週全5回の配布だそうです。

amirisu Mystery KAL パターンのみ
amirisu Mystery KAL。今年で3回目になりました。amirisuのMKALはショールKALです。毎週少しずつパターンが発表され、最後まで編むとショールが完成するというもの。「どんなショールになるのか最後までわからない」というところが"ミステリー"です。糸選びから始まって、編んでいる途中経過を見せ合ったり...

 

そして、West KnitsのスティーブンさんのMKALも始動。

ravelryに詳細ページができています。

テーマは「Geogradient」。

意味を調べたのですが・・・「地理勾配」って出るんですよね・・・

勾配は「水平面に対する型抜きの度合い」、まあ傾斜ですよね。

そういう模様なのかしら・・・

でもスティーブンさんのことだから、一筋縄ではいかないはず・・・

パターン配布は10月5日(アムステルダム時)に1回目、全4回です。

色はグラデーションで4色がおすすめのようです。

Geogradient: Westknits MKAL 2023 pattern by Stephen West
MKAL sign ups and MKAL kits at Stephen & Penelope launch on September 2nd 16:00 (Amsterdam time).

 

さてさて、どんなデザインのショールが出来上がるのでしょうか。

皆様の編まれている様子は、インスタグラムで見ることができますよ〜。

同じショールなのに、皆さんの選んでいる色が違うだけでこんなに雰囲気変わるんだ〜といつも興味深く拝見しています。

今年もとっても楽しみです!

 

ちなみに2021年のスティーブンさんのMkalに参加した時の私のショールはこちら。

楽しかったけど、とっても大変でした〜。

コメント

タイトルとURLをコピーしました