その他

色合わせって思いつかないですよね、というわけで 配色の考え方

いろんな色を合わせてモチーフつなぎにしたり、ボーターや編み込みにしたり。

編むことに慣れてきたら、オリジナルの配色にもチャレンジしたいですよね。

配色に迷ったら「配色の考え方」で検索すると解説しているサイトがたくさん出てきます。

こちらのサイトが詳しくて良いと思います。

デザイナーじゃなくても知っておきたい色と配色の基本 | knowledge / baigie

トーンを合わせる、というのが結構重要なので、参考にしてみてください。

 

「自分好みの配色にするには」について、私が実践していることをお話ししますね。

まず、1つ目がいろんな方の作品を見て、自分だったらどうするか考える、ということです。

好きだなと思う部分はどこですか?

変えたい色はどれですか?

好きだなと思ったのは何故なのか、考えてみましょう。

どんなトーンの色なのかも見ておきましょう。

(トーンについては上記のリンクの記事を参考にしてください。)

変えたい色は何色だったらしっくりくると思いますか?

いろんな例が出せると思います。

これを繰り返していくと、自分がどういう配色が好きなのかわかってきます。

この色合い好きだな、と思ったらすぐに分析してみてくださいね。

 

これは棒針編み初級コースの編み込みの課題のミトンです。

自分だったら、どんな配色にしたいですか?

どの服に合わせて使いたいですか?

持っていない色味にしたいですか?いつもと同じがいいですか?

ベースの色は何色にしますか?

配色は何色にして、アクセントカラーは何が良いでしょうか。

 

この時の私の色の決め方です。

1、ベースの色を淡いグリーンにする (自分の好きな色だから)

2、花柄の背景を白にする (どんな色の柄でもはっきり見えるから)

3、花はきれいめのブルー (柄をはっきり見せたい、スッキリ落ち着いた色)

4、ラインはベースのグリーンと同系色で濃いグリーン2色(グリーン系とブルーでまとめてすっきり見せる)

5、アクセントカラーはピンク(少し華やかに、本当は黄色がよかったけど手持ちになかった、笑)

こんな感じで色を決めました。

結構気に入っている配色です。

2、の背景の白は、全体が決まってから変更しても良いです。

きなりや水色、派手にするなら黄色系というのもありですね。

 

こんな方法もあります。

好きな絵や写真、服の柄などありますよね。

その中の色を抽出する、という方法です。

下の写真の雰囲気でボーダーにしたいと考えたとします。

上から、空は紺よりのブルーのグラデーション、淡いグリーン、黄みのオレンジ、みかん色、黒かこげ茶か紺。

あと、雲のブルーグレー。

それらを組み合わせると、この夕暮れの雰囲気のボーダーが出来上がります。

この写真の中の色の分量も合わせて考えるとよりこの写真の印象に近く出来上がります。
空のブルーは多めで、オレンジは少なめ、といった感じです。

 

絵画やイラストなど、もっと具体的なので、分解しやすいかもしれません。

 

こんなふうに、好きだなと思ったものの色を分解して考えて見るという癖をつけると、自分がどんな配色が好みなのかわかって、作品に生かしやすくなるのでやってみてくださいね。

好きじゃないなと思ったものも、何故好きではないのか、考えてくださいね。

消去法も大事です。

そして、インスタグラムやピンタレストなど、保存しておくと、あとで見返した時に自分の好みの傾向がわかっていいですよ。

それから、自分の好きな色を使っても、隣にくる色で色の見え方が違ってしまうので、なんか違う・・・ということは起こります。

実際に編んでみないとわからないところが面白くもあり、といったところです。

私も決まるまでには何度も試し編みしますよ〜。

この考え方は配色だけでなく、デザインについても同じなので、ぜひ実践して自分の「好き」を具体的にして、作品に生かしていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました